vCenter Server Appliance 6.0では、Web管理画面(ポート5480)が存在しない。


vCenter Server Appliance(以下VCSA) 5.5では、VCSAのデプロイ後に管理インタフェース(VAMI)で初期設定やサービスの構成が可能であった。
VCSAの管理インタフェースにログインするには、クライアントPC上のブラウザで「https://<VCSAのホスト名 or IPアドレス>:5480/」にアクセスする。
001VCSA 6.0ではこの管理インタフェースが廃止されている。
今回の記事では、UIの変更に伴い操作方法が変わったものについて一部紹介する。

サービスの起動停止

  • VCSA 5.5
    管理インタフェースを開き、[vCenter Server] – [Summary]より操作する。
    002
  • VCSA 6.0
    vSphere Web Clientを開き、[管理] – [デプロイ] – [システム構成] – [サービス]より操作する。
    003

vCenter Server Applianceのドメイン管理(AD参加)

  • VCSA 5.5
    管理インタフェースを開き、[vCenter Server] – [Authentication]より操作する。004
  • VCSA 6.0
    vSphere Web Clientを開き、[管理] – [デプロイ] – [システム構成] – [ノード] – [<VCSAの名前>] – [管理] – [詳細] – [Active Direcotry] より操作する。005

vCenter Server ApplianceのIPアドレス変更

  • VCSA 5.5
    管理インタフェースを開き、[Network] – [Address]より操作する。
    006
  • VCSA 6.0
    vSphere Web Clientを開き、[管理] – [デプロイ] – [システム構成] – [ノード] – [<VCSAの名前>] – [管理] – [共通] – [ネットワーク] より操作する。
    007
    [編集]ボタンをクリックすることで、設定変更ウィザードが表示される。
    [ネットワーク] – [nic0] より設定変更が可能。
    008

vCenter Server Applianceのアップデート

  • VCSA 5.5
    管理インタフェースを開き、[Update]より操作する。
    009
  • VCSA 6.0
    シェル(コマンドライン)より操作する必要がある。
    【vCenter Server Appliance 6.0から6.0 Update1への更新】
    https://sd2.dozono.net/?p=426
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください