ESXi上の仮想マシンでUSBを利用する


ESXi上の仮想マシンでUSBデバイスを利用するには2通りの手段がある。

  1. vSphere Clientを実行する端末に接続されたUSBデバイスを利用する。
  2. ESXi(物理サーバ)に接続されたUSBデバイスを利用する。

※ Horizon Viewを利用することで、View Clientを実行する端末に接続されたUSBデバイスを利用可能であるが、vSphereとは別のプロダクトとなるため今回は対象外とする。

準備

USBデバイスを利用したい仮想マシンにUSBコントローラを追加する。

  1. vSphere Clientより対象の仮想マシンを右クリックし「設定の編集」をクリックする。
  2. 「仮想マシンのプロティ」画面で「追加」をクリックしする。
  3. 「ハードウェアの追加」画面で「USBコントローラ」を選択し、ウィザードを終了させる。

20150203_001

つないでみる

  1. vSphere Clientを実行する端末に接続されたUSBデバイスを利用する。
    →仮想マシンコンソールより「USBデバイスに接続」ボタンを用いて接続する。20150203_002
  2. ESXi(物理サーバ)に接続されたUSBデバイスを利用する。
    →「設定の編集」画面より「USBデバイス」を追加する。20150203_00320150203_004注目すべきは「vMotionサポート」のチェックボックス。
    このチェックボックスを選択することで、ESXi(物理サーバ)のUSBデバイスが接続された仮想マシンはvMotionが可能になる。20150203_005尚、本機能の利用にはいくつか考慮すべき事項がある。
    業務で利用する際は事前に以下の資料をご覧になることをお勧めする。
    【vSphere Document Center】vMotion 用の USB デバイスの構成
    https://pubs.vmware.com/vsphere-55/index.jsp#com.vmware.vsphere.vm_admin.doc/GUID-6D2A3FFF-8913-4BB4-9F41-2E1B3B78FEAC.html
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください