Shallow Dive by Dozono

vCenter Serverのアップグレード(Stage1)

Posted : 09 Sep 2020

vCenter Serverのアップグレードは大きくStage1とStage2に分かれる。本稿はStage1までの最低限の手順を記載する。

VMware社の公式情報はvCenter Server のアップグレードを参照のこと。

vCenter Server 7.0 のインストーラで提供されるアップグレードプロセス機能を用いると、ウィザードに従って「ぽちぽち」するだけで vCenter Server のアップグレードが可能である。

vCenter Server をアップグレードするということは、お手元には既存の vSphere 環境が存在するだろう。アップグレードを行った後も、vCenter Server とその他の VMware 社の製品が連携できるか事前に確認することを推奨する。

その他、多数の確認事項があるため、アップグレードを行う前にvSphere 7 アップグレードのベスト プラクティス (78205)を参照のこと。

本稿の環境

本稿では、vCenter Server サービスと PSC の両方の機能を持つ vCenter Server Virtual Appliance 6.7 を vCenter Server 7.0 にアップグレードする。

vCenter Server 7.0 では、vCenter Server サービスと PSC は統合され、異なるホストでの稼働がサポートされなくなった。
既存の環境で「拡張リンクモード」などを使用するために vCenter Server と PSC を異なるホストで稼働させている場合などは入念にvSphere 7 アップグレードのベスト プラクティス (78205)に目を通すことを推奨する。

Stage1の手順

Stage1はvCenter ServerのVirtual ApplianceをESXi上に展開(デプロイ)する工程である。
本稿では利用者が多いであろうと想定される、Windows版のGUIインストーラを前提とし記載する。

ESXiと疎通可能な任意の作業用マシンにvCenter Serverのインストーラ(isoファイル)をマウントする。
インストーラ内のvcsa-ui-installer\win32\installer.exeを実行する。

vCenterアップグレード001

Upgrade をクリックする。

vCenterアップグレード002

EULAを一読し、承諾した後にNEXTをクリックする。

vCenterアップグレード003

データを引き継ぐ既存の vCenter Server Virtual Appliance の情報を入力する。

項目名 設定値
vCenter Server Appliance アップグレード対象のvCenterのアドレスを指定する
Appliance HTTPS port ポート番号を指定する(デフォルトは443)

指定された情報に基づき、作業用マシンからESXiへの通信が行われる。

vCenterアップグレード004

アップグレード対象の vCenter Server Appliance と通信が確立すると、ウィザードの入力欄が拡張される。

項目名 設定値
vCenter Server Appliance ①アップグレード対象のvCenterのアドレスを指定する
Appliance HTTPS port ①ポート番号を指定する(デフォルトは443)
SSO User name ①アップグレード対象のvCenter Server管理者ユーザ(UserName@DomainName)を指定する
SSO Passowrd ①アップグレード対象のvCenter Server管理者パスワードを指定する
Appliance (OS) root password ①アップグレード対象のvCenter Serverのローカルrootユーザのパスワードを指定する(VAMIへのアクセスで使用するパスワード)
ESXi host or vCenter Server name ②アップグレード対象のvCenter ServerをホストしているESXi、もしくはvCenter Serverを指定する(アップグレード対象のvCenter Server自体は指定できないため、vCenter Serverが1台しか存在しない場合はESXiを指定する)
HTTPS Port ②アップグレード対象のvCenter ServerをホストしているESXi、もしくはvCenter Serverのポート番号
User name ②アップグレード対象のvCenter ServerをホストしているESXi、もしくはvCenter Serverの管理者ユーザを指定する
Password ②アップグレード対象のvCenter ServerをホストしているESXi、もしくはvCenter Serverのパスワードを指定する

複数の接続情報を入力する必要があるため、全体の構成をイラストにした。
①と②で、それぞれどこの接続情報を入力しているか意識する必要がある。

全体構成 vCenterアップグレード005

vCenter Server 7.0(アップグレード後のインスタンス)を稼働させるESXi、もしくはそのESXiを管理しているvCenter Serverの情報を指定する。

vCenterアップグレード006

vCenter Server 7.0(アップグレード後のインスタンス)を格納するフォルダを指定する。

vCenterアップグレード007

vCenter Server 7.0(アップグレード後のインスタンス)を稼働するホスト、もしくはクラスターを指定する。

vCenterアップグレード008

vCenter Server 7.0(アップグレード後のインスタンス)のインベントリ名、ローカルrootユーザのパスワードを設定する。

vCenterアップグレード009

vCenter Server 7.0(アップグレード後のインスタンス)の性能を指定する。
指定する際は公式ドキュメントを参照し、環境に合わせた性能とすること。

vCenterアップグレード010

vCenter Server 7.0(アップグレード後のインスタンス)の仮想マシンファイル一式(設定、Disk情報など)を格納するデータストアを指定する。

vCenterアップグレード011

設定値を入力しNEXTをクリックする。

項目名 設定値
Network vCenter Server Virtual Applianceを接続するポートグループを指定する。
IP version 使用するIPアドレスのバージョン(v4 or v6)を指定する。
IP assignment IPアドレスを手動で設定するか、動的に設定するか選択する。
Temporary IP address vCenter Server(アップグレード後のインスタンス)に一時的に割り当てるIPアドレスを指定する。vCenter Server 7.0のIPアドレスは、アップグレード処理中にアップグレード対象のvCenter ServerのIPアドレスに変更される。
Subnet mask or prefix length vCenter Server Virtual Applianceを接続するネットワークのサブネットマスク、もしくはPrefix(/24など)を指定する。
Default Gateway vCenter Server Virtual Applianceを接続するネットワークのデフォルトゲートウェイを指定する。
DNS Servers DNSサーバのIPアドレスを指定する。複数の場合はカンマ(,)区切り。
vCenterアップグレード012

設定内容を確認し FINISH をクリックする。

vCenterアップグレード013

【参考】
インストーラの裏側では、指定したESXiに対してvCenter Server Virtual ApplianceのOVAデプロイ処理が行われている

vCenterアップグレード015

正常に展開処理が完了すると次の画面が表示される。CLOSEかCONTINUEのいずれかクリックする。

  • CLOSE : インストーラを終了する
  • CONTINUE : 続けてStage 2の処理を実行する

本稿では CONTINUE をクリックして、Stage 2に移る。

vCenterアップグレード016

これでStage 1の手順は以上となる。続いてStage 2の手順に移る。

vCenter Server 7.0のアップグレード(Stage2)