Shallow Dive by Dozono

Horizon 8 で利用できなくなった機能(Horizon Agent編)

Posted : 08 Sep 2020

Horizon 8 では、Horizon 7 まで利用できたいくつかの機能が廃止されている。

本稿では Horizon Agent のインストール時に指定できる機能を Horizin 7 と Horizon 8 で比較する

Horizon Agent 7および8 のインストール画面

左は Horizon Agent 7 のインストール画面、右は Horizon Agent 8 のインストール画面である。

Horizon Agent でインストールできる機能の比較

Horizon Agent 7 と Horizon Agent 8 でインストールできる機能を比較する。

機能 Horizon 7.10 Horizon 8(2006)
コア 選択可 選択可
USB リダイレクト 選択可 選択可
VMware Virtualization Pack for Skype for Business 選択可 選択可
VMware Horizon View Composer Agent 選択可 選択可
リアルタイム オーディオ-ビデオ 選択可 選択可
VMware Horizon Instant Clone Agent 選択可 選択可
クライント ドライブのリダイレクト 選択可 選択可
Virtual Printing 選択可 選択不可
vRealize Operations Desktop Agent 選択可 選択可
VMware Horizon 7 Persona Management 選択可 選択不可
スキャナ リダイレクト 選択可 選択可
Smartcard リダイレクト 選択可 選択可
シリアル ポート リダイレクト 選択可 選択可
VMware オーディオ 選択可 選択可
Flash リダイレクト 選択可 選択不可
デバイス ブリッジ BAS プラグイン 選択可 選択不可
SDO センサーのリダイレクト 選択可 選択可
位置情報リダイレクト 選択可 選択可
Horizon Performance Tracker 選択可 選択可
VMware Integrated Printing 選択可 選択可
Horizon Agent のヘルプ デスク プラグイン 選択可 選択可

Virtual Printing

Horizon 7 までは プリンターのリダイレクト機能として Virtual Printing(ThinPrint) を選択できた。Horizon 8 では Horizon Agentのインストール時に Virtual Printing が選択できなくなった。

今後は新しい印刷の仮想化技術である VMware Integrated Printing の選択が求められる。

Persona Management

Persona Management 機能を利用すると、移動ユーザープロファイル利用時に起こる問題である次の事象を緩和できる。

  • ログオン時にファイルサーバから大量のデータがダウンロードされる
    => Persona Management では、データはオンデマンドでダウンロードされる
  • ログアウト時にファイルサーバへ大量のデータがアップロードされる
    => Persona Management では、更新されたデータはデフォルトで10分ごとにアップロードされる

Horizon Agent 8 では Persona Management をインストールできなくなった。
Persona Management と同様の機能が求められる場合は、DEM(Dynamic Environment Manager)のDirect Flex機能、および App Volumes による代替が必要になるだろう。

Flash リダイレクト

HTML5 の勧告に伴い Flash は役目を終えた。

デバイス ブリッジ BAS プラグイン

デバイス ブリッジ BAS プラグインは Horizon 7.4 で実装された機能である。
デバイス ブリッジ BAS プラグインを使用すると、指紋スキャナを仮想デスクトップにリダイレクトできる。

この機能は VMware Community 上でも「そもそも使ってる人いる?」という旨の書き込みが行われる機能であった。

Horizon 8 でデバイス ブリッジ BAS プラグインは廃止されたが、代替機能などは提供されていないようである。
※ 代替機能に関する情報を入手できたら追記する。

Horizon 8 (2006)のまとめページ

Enjoy!