Shallow Dive by Dozono

ESXi 7.0の新規インストール

Posted : 17 Apr 2020

ESXi 7.0を新規インストールし、Host Clientに接続できる状態まで設定する。
インストール手順は旧バージョンのESXiと大きな差異は無い。

ハードウェア要件の確認

ESXi 7.0インストール時の注意点として、本バージョンより対応しているCPUが変わっている。以下のCPUは使用できないため注意すること。

  • Intel ファミリ 6、モデル = 2C (Westmere-EP)
  • Intel ファミリ 6、モデル = 2F (Westmere-EX)

詳細はVMware vSphere 7.0 リリース ノート - 本リリースへのアップグレードおよびインストールをサポートしない CPUを参照のこと。

対応しているハードウェアの公式情報はVMware Compatibility Guideを参照のこと。

インストーラの作成

My VMwareより、ESXiのインストーラ(isoファイル)を取得し、boot mediaとしてCD(またはUSBフラッシュメモリ)を作成する。

インストール

作成したインストーラをサーバに挿入しインストールを開始する。

F11キーを押してインストールを開始する。

インストール画面1

EULAを一読した後に、F11で承諾する。

インストール画面2

ESXiをインストールする対象のDisk装置にカーソルを合わせEnterキーを押す。

インストール画面3

キーボードレイアウトを指定する。次の画面ではESXiのパスワードを設定するため、記号などのキーマップがズレない様に接続しているキーボードと同じレイアウトを指定すること。

インストール画面4

ESXiのrootユーザーのパスワードを指定し、Enterキーを押す。

インストール画面5

ハードウェアのチェックが行われ、要件を満たしている場合はインストールの確認画面が表示される。
ウィザードを進めると、インストール対象として選択したDisk装置のデータが削除されるため注意すること。
問題ないことを確認できたらF11キーを押す。

インストール画面6

インストール処理が行われる。

インストール画面7

Installation Completeと表示されたらインストール完了である。 Enterキーを押してサーバを再起動する。

インストール画面8

初期設定

再起動が完了したらIPアドレスの設定を行う。
DCUI(ローカルコンソール)上でF2キーを押す。

インストール画面9

認証情報を入力してEnterキーを押す。

  • Login Name : root
  • Password : <インストール時に指定したパスワード>
インストール画面10

十字キーでConfigure Management Networkにカーソルを合わせ、Enterキーを押す。

インストール画面11

十字キーでIPv4 Configurationにカーソルを合わせ、Enterキーを押す。

インストール画面12

十字キーでSet static IPv4 address and network configurationにカーソルを合わせ、IPアドレスを設定した後にEnterキーを押す。

インストール画面13

ブラウザから指定したIPアドレスに接続し、認証情報を入力してEnterキーを押す。

  • ユーザー名 : root
  • パスワード : <インストール時に指定したパスワード>
インストール画面14

無事にログインできればインストール、および最低限のネットワーク設定は完了となる。

インストール画面15

Enjoy!